情報資格試験 公式サイト

経歴

2021.05

当サイト 情報資格試験の公式サイトがパワーアップしました!

・評価ボタン 搭載!
・ダークモード 搭載!

ー作品について、「なんとなくいいなあ」「面白い」と思った作品について
 Goodボタンを押すことができます。
 これがたまると、クリエイターとしてモチベーションがすごく高まります。

 また、評価の多い作品があれば、「こういう作品がいいのね」と作風にも影響するかもしれません。
 お気軽にクリック・タップしてもらえると嬉しいです!

ー作品は、背景を真っ黒にすることで
 また雰囲気も変わって見えます。ぜひ、ダークモードで作品を2度、味わってみてください

2021.04

エイレさまによるリレー動画「【近接戦闘】武闘連環電影」へ参加。

攻撃を受け、さらに次の人に攻撃をするという企画にエントリー致しました。

2021.03

公式サイト 公開
https://jyouhou-ss.com/

2021.03

ひとりがつくる、なんでもアート

第四北越銀行・高田営業部にてペン画、キャンバス絵、デジタルアートやお面など

ひとりの作家なのに、作風の違った作品が並ぶ表現はまるで色んな作家が集まった合同作品展のよう。

営業時間中、無料で楽しめます。作品を撮影することも可能です。2021年3/1から3/31まで。

(情報資格試験2回目の個展)

2021.02

========================================

初の個展「the UN-DIS」開催

2020(R3) / 02 / 04 – 2020(R3) / 02 / 10

(08:30 – 22:00)

at OuReNPlaZa

 

Undiscovery,
Undisclosed,
Undisorder,
Undistrubed,
Undis,,,

 

コンセプト:

表現をする、伝える、示す、その中のアートや芸術というのは
格調高く、敷居が高い。誰かの認知や満足がなければ
残念ながら世に出ることはない。
「これは胸を打つものは感じられない」「線の重なりが汚い」「濁っている」
そういった美術的な価値の標準から外れ
単純に作ることに夢中になること、ペンがすれる心地よさを楽しむもの、
その結果に出来上がったものたち。
これらはどこか否定され、認められずにゴミになった作品たちです。
DIS をうけたものたちへ、 UN を付け、世に出してあげよう

========================================

2021.01

「新潟の文化を応援しよう!」プロジェクトを盛り上げるため

イオンモール新潟南にて、代表作「ねこマタのなかのマタ」を公演してきました。

「新潟の文化を応援しよう!」プロジェクトのPRイベントに情報資格試験さんから出演いただきました。

2021.01

Vcreater/VTuberねものぅ(nemoknow)による公式サイト立ち上げ

2020.12

ニチバン株式会社が第12回巻心ECOプロジェクトのデザインコンペ エントリー

2020.12

新潟県文化祭2020「新潟の文化を応援しよう!」プロジェクト エントリー

2020.11

石材屋さん同士のマーケットプレイスECモールをオープンされる企業様より、墓石に彫る「正面文字」の文字デザイン作品募集 エントリー